予備校の夏期講習を受講する

ある意味夏休みは受験勉強をするに当たって、最も重要な時期といえます。
1か月半の休みを利用して、予備校で勉強に励み、学力をできる限りアップさせましょう。
ちなみにどの予備校でも実施されている夏期講習会を見てみると、7月中旬から8月いっぱいまでとしているところが多く、ほぼまるまる夏休み全部をカバーする形になります。
夏期講習を受講する際に注意したいのは、申し込みを早めに行うことです。

夏期講習はどの予備校でも、受講生が最も増えます。
普段予備校に通っていない生徒も、夏休みを利用して夏季講習に参加するケースも見受けられます。
このため、人気の講座になると定員充足で募集打ち切りになってしまうこともあります。
夏期講習の内容が出てきたところで、何を受講するか考えるのがおすすめです。
夏期講習の講座の受け方ですが、春期講習同様、苦手克服を考えることです。

そして一人ではなかなか勉強しない講座を受講するのもおすすめです。
理系の人なら文系、文系の人なら理系のコースです。
こういった逆の科目はなかなか自分一人では勉強する気が起きないという人も多いです。
しかし特に国公立大学の場合、センター試験がありますから避けて通ることはできません。
このように受講すれば、嫌でも強制的に勉強する機会を確保できます。

夏期講習で受講する講座の数ですが、週に1~2講座くらいにとどめておきましょう。
そして夏期講習全体で、8~10講座くらいにした方が無理なく学習の計画も立てられるはずです。


>> 予備校より費用を抑えたい人向けの大学受験勉強法とは?

Comments are closed.