予備校の春期講習

春休みや夏休み、冬休みの長期休暇を利用して予備校では短期集中タイプの講習を提供します。
年度末から年度初めにかけては、春季講習会が実施されています。
春期講習会に参加するとき、「自分の苦手科目の克服」をメインテーマにして、コースを考えていきましょう。
春期講習会では、まだ1年くらい受験本番まで時間がありますから、精神的に余裕を持って臨めます。

そこで自分が苦手としている教科、ジャンルに重点を置いて、弱点を少しでもなくしておくことが大事です。
受験で合格するためには、少しでも穴をなくすことがどのような試験問題でも安定した点数を稼ぐためのコツです。
春期講習会では、苦手科目の基礎レベルの講座を受講しましょう。
苦手なのですから、レベルの高い講座を受講したところで内容は入ってきません。
焦る気持ちを抑えて、基本の優しいところから勉強をスタートさせましょう。

逆にいうと、苦手科目に腰を据えて勉強できる期間は、春期講習会が最後かもしれません。
夏休みになれば、全体的なレベルアップをするための授業構成にしないといけません。
冬休みになれば受験まで数か月、センター試験を受けるのであれば1か月もありません。
最後の仕上げの段階で、具体的に受験先を決めて、その学校に特化した対策を進めないと本番に間に合いません。

春期講習会に参加をする場合には、3~4つくらい、成績アップしたいと思っているジャンルの講座を選びましょう。
予習や復習により時間をかけた方が基礎力は高まりますから、週に1講座くらいのゆとりのあるスケジュールを考えましょう。


>> 予備校より費用を抑えたい人向けの大学受験勉強法とは?

Comments are closed.