予備校の予習の心構え

予備校に通っていれば、おのずと成績が上がると考えているのであれば、楽観的すぎます。
あくまでも予備校は皆さんの勉強をサポートする所であって、成績アップできるかどうかは自分の努力次第です。
その中で大事なこととして、予備校での授業以外にも予習・復習をしっかり行うことを心がけてください。

まず予習ですが、次の授業でおそらく取り上げられる部分はあらかじめ分かっているはずです。
その部分のテキストをざっと読んでおきましょう
そしてテキストを読むだけでなんとなくわかるところ、テキストを見てもよくわからない所を整理しておきます。
そうすれば、授業のときに後者の内容を集中して耳を傾ければ、理解度もアップするはずです。

また生徒によって、苦手な教科・ジャンルという意識を持っている人もいるでしょう。
もし特定の教科・ジャンルに苦手意識を持っている、なかなか理解度が深まらないと思っているのであれば、テキストなどに掲載されている基本的な問題をいくつか事前に解いておくのもおすすめです。
そうすればどんなことが授業で取り上げられるのか、具体的にどの部分で自分は引っ掛かっているのかなどがよくわかります。
結果授業の内容が、より頭の中に入ってきやすいです。

苦手意識をあまり持たないことも、受験勉強するにあたって大事です。
大学受験レベルは、やはり難易度はかなり高いです。
このため、1回話を聞いて何から何までわかるのは、よほどの天才くらいのものです。
言っていることがわからなくても、あまり焦る必要もないと思って良いでしょう。


>> 予備校より費用を抑えたい人向けの大学受験勉強法とは?

Comments are closed.