予備校の体験授業を受けてみる

特に都会で暮らしている人は、自宅から通える範囲にいくつか予備校があるというケースも出てくるでしょう。
この場合、どの予備校に通わせることがベストなのか、頭を悩ませるところです。
ここで重要なポイントになるのが、子どもとの相性です。
わかりやすい授業をしてくれる先生がいる、サポート体制が万全な所の方が成績は伸びやすいでしょう。
しかし相性の合う合わないは、実際に通ってみないとわかりません。
そこで予備校の中には体験授業と言って、実際に入学する前に実際に授業の受けられるサービスを実施しているケースも多いです。
予備校選びをする時には、なるべく体験授業を受けて、勉強がはかどりそうかどうか実感してもらうことが大事です。

体験授業に参加すれば、予備校の雰囲気がどうか、生徒にどのようなタイプの人がいるか、講師はどのように教えるのか、授業のペースは自分がついていけるスピードかなどがわかります。
どの予備校もホームページを開設し、入学希望者にパンフレットを配布して詳しい情報を提供しています。
しかしそれでも上で紹介したことは、実際に授業を受けてみないとわかりません。

体験授業ですが、結構多くの予備校が実施しています。
ホームページやパンフレットをチェックして、どうやって申込すればいいのか確認しましょう。
もしホームページやパンフレットで体験授業の項目が見つけられない場合には、電話で問い合わせるなり窓口でスタッフに聞いてみるなりしましょう。


>> 予備校より費用を抑えたい人向けの大学受験勉強法とは?

Comments are closed.